泉州ニュース

泉州ドットコム

高田松原の流木、学生らが仏像に

東日本大震災の津波被害に遭った陸前高田市の景勝地・高田松原の流木で作った仏像5体が、宮城県七ケ浜町で行われた震災犠牲者の七回忌法要で披露された。
堺市の寺の依頼を受け、京都の学生らが制作した。

仏像は高さ2.7メートルの釈迦如来像1体と、同2メートルの菩薩像4体。京都伝統工芸大学校(京都府南丹市)で仏像彫刻を学ぶ学生約30人が仏像は角材約60本を使い半年以上かけて彫った。

3月29日、制作を依頼した堺市の妙国寺で開眼法要を終え、宮城に搬送。30日の七回忌法要の後、再び大阪に戻し、寺に安置される。

高田松原の流木、学生らが仏像に 宮城でお披露目 /岩手 2017年04月01日(毎日新聞

  1. 【PR】泉州のおいしいものを通販でお取り寄せ(泉州魂 楽天市場店)

泉州の最新ニュース一覧

泉州のお得な情報!毎週金曜日に配信

泉州イベント情報新着

Top