泉州ニュース

泉州ドットコム

巨大古墳を世界遺産に 松原商工会

松原市と羽曳野市にまたがる国内5番目の巨大古墳・河内大塚山(かわちおおつかやま)古墳。世界文化遺産の登録を目指している百舌鳥・古市古墳群の追加リストに加えてもらおうと、地元の松原商工会議所が堺市などに働きかけている。

河内大塚山古墳は墳丘長335メートルの前方後円墳で、幅35~70メートルの濠(ほり)もある。国内では、府内の仁徳陵古墳、応神陵古墳、履中陵古墳、岡山市の造山古墳に次ぐ大きさだ。

百舌鳥古墳群(堺市)と古市古墳群(羽曳野、藤井寺市)のほぼ中間にあるが、両古墳群に属さず、単独で存在している。

大阪)巨大古墳を世界遺産に 松原市の商工会議所が要望 2017年03月16日(朝日新聞

  1. 【PR】泉州のおいしいものを通販でお取り寄せ(泉州魂 楽天市場店)

泉州の最新ニュース一覧

泉州のお得な情報!毎週金曜日に配信

泉州イベント情報新着

Top