泉州ニュース

泉州ドットコム

和泉の小学校で炭焼き体験

和泉市父鬼町の市立南横山小学校(児童87人)で20日、地域伝統の炭焼きの体験授業があり、6年生13人が校舎裏の山にある炭焼き窯から、一晩焼いて真っ赤になった炭を取り出した。

保護者らが昨年12月に切り出したカシなど約1トンを、児童が19日に窯入れした。約20時間たって、煙突の煙が弱くなったのを確かめて窯からかき出すと、「熱い熱い」と声が上がった。
焼き上がった約40キロの炭は、2月に市内の農林物直売所で1キロ700円程度で売る予定で、6年生のお別れの会の費用にあてる。

南横山伝統文化保存会によると、この地区では1950年代半ばごろまで木炭生産が盛んだったという。「横山白炭」と呼ばれ人気があったが、ガスなどの普及で生産が下火になった。

大阪)和泉の小学校で炭焼き体験 地域の伝統学ぶ 2017年01月21日(朝日新聞

  1. 【PR】泉州のおいしいものを通販でお取り寄せ(泉州魂 楽天市場店)

泉州の最新ニュース一覧

泉州のお得な情報!毎週金曜日に配信

泉州イベント情報新着

Top